メニュー

メインメニュー

TOP > 収集業務

収集業務

缶・びん・ペットボトル・廃乾電池類収集運搬

 仙台市民の皆さまから黄色の回収容器へ出された缶・びん・ペットボトル・廃乾電池類をリユース・リサイクルするため収集しています。

収集車両

 「おさるのかごや」の音楽とみどり色のトラックでお馴染みの缶・びん・ペットボトル・廃乾電池類収集専用車両です。1台に積載できる黄色の回収容器の数は240箱です。


 仙台市の委託により市内(泉区を除く)の一般家庭から排出された缶・びん・ペットボトル・廃乾電池類をリサイクルするため収集しています。

 現在、泉区を除く市内約17,500箇所のごみ集積所を地域ごと6ブロックに分け、月曜から土曜日まで週1回、指定曜日前日(月曜日の場合は土曜日)に回収容器を配布し、指定曜日に市民の皆さまから黄色い回収容器に出された缶・びん・ペットボトル・廃乾電池類を収集して、市内2箇所(松森・葛岡)にある資源化センターへ搬入しています。

排出された資源物(集積所)

搬入の様子

缶・びん・ペットボトル・廃乾電池類の収集データ(平成28年度)

  • 1日に稼動している車の数    37台
  • 1日に収集している量      54t
  • 1日に収集している黄色の回収容器(約50L)の数  21,718箱

  2tトラック90台分になります。(240箱/台)

資源物収集量の推移グラフ

 近年、飲料水等の容器が缶・びんから軽いペットボトルへと移行している為、収集する黄色い回収容器の数は増加傾向にあります。また、震災後は海岸地域など一時的に集積所は減少しましたが、地下鉄東西線の沿線地域の集積所が急増しています。収集量は、ほぼ横ばいとなっています。

お問い合わせ

缶・びん・ペットボトル・廃乾電池類について

仙台市環境整備公社について
仙環通信
収集業務
選別業務
粗大ごみ処理業務
ペット斎場運営業務

お問い合わせ

TEL 022-218-2050

  • フォームからのお問い合わせ
  • ペット斎場へのお問い合わせ